学ロンnaviは学生さんのお金の悩みの総合情報サイト

campus9

この度は学ロンnaviにお越し頂きありがとうございます。

当サイトでは、大学生・短大生・専門学校生・予備校生など、学生がお金を借りるときに知っておかなければならないことや、安心して借りれるキャッシング業者を紹介しています。

昔であれば、消費者金融やキャッシングでお金を借りるといえば、正社員で安定した収入がある人が借りられるものでした。

しかし現在は、20歳以上でアルバイトなどの安定収入があれば、学生さんでもお金を借りることが自然になりました。

学生と言うと、授業を受けながらアルバイトをして、サークル活動をして、免許証をとるために自動車学校へ通ったり、就職活動をしたり、旅行をしたり、人生が広がる時期であり、時間もたっぷりある時期と言えます。

しかし、どうしても時間があってもお金がなくて、せっかく興味を持ったのに手を出せなかったなんてことも多々あるかと思います。

そういう歯がゆい思いをしないための方法として、学生キャッシングや学生ローンを活用してみてはいかがでしょうか?

あくまで、借りすぎは良くありませんが、しっかりと返済できる範囲で借りる分には、学生生活に潤いを与えてくれる存在になります。

親にはばれない?

学生がお金を借りるときに心配になることとして、親にばれないかどうかというのがあると思います。

大切な親ですから、お金を借りるという事を知られてしまうと、余計な心配をかけてしまうと考える学生さんも多いでしょう。

もちろん、隠し事はあまり良くはないですが、きちんと自分の責任でアルバイトで返済できるのであれば、大学生といえども大人ですからお金を借りることはわるいことではありません。

問題の、親にばれるかどうかですが、ほとんどの学生キャッシング・学生ローン会社で、親にばれないように配慮してくれます。

一人ぐらいしている学生さんは問題ありませんが、親と同居している学生さんでしたら、キャッシング業者から初回のキャッシングカードなどの郵送物が届きます。

しかし、その郵送物にキャッシング会社とはわからないような名義で送付してくれますし、それでも心配な方は、ネット申し込みをして審査が通った後、自分でカードを受け取りに行けば、郵送物が自宅に届くことはないので、親にばれることはありません。

また、学生キャッシング、学生ローン会社から直接自宅に電話がくることはないので、そちらも安心できます。

借りすぎには注意!

学生でもお金を借りることができる学生キャッシング・学生ローンですが、借りすぎには注意です。

学生のアルバイト代だと、結構頑張っても毎月10万円ぐらいの収入ですよね。

その中から、2万円、3万円と返済をしていくことになるのですが、あまりに多い金額を借りてしまうと、返済も大変になり、学業への支障も出てきてしまいます。

学生の楽しみは、そんなにたくさんお金がかかることばかりではないはずですので、返済できる範囲で、無理のないように使うようにしましょう。